「Van Gogh」オンラインカジノのスロットを徹底攻略!ベラジョンカジノで勝つ方法

↓Van Goghはベラジョンカジノで↓↑タップすると公式サイトへ↑

「Van Gogh」を徹底攻略!オンラインカジノのスロットで稼ぎ出せ

ベラジョンカジノの「Van Gogh」というビデオスロットを紹介します。
このビデオスロットは、「Relax Gaming」社製のビデオスロットで3段×5リール、有効ライン数20のビデオスロットです。最低BET額は0.1ドルですので、遊びやすいビデオスロットと言えます。
このビデオスロットの最大の特徴は、ボーナスゲーム獲得までにアイテムを集め、そのアイテムを使って、ボーナスゲームを行うという仕様にあります。ボーナスゲーム間はまればはまるほどアイテムは集まりますから、ボーナスまでの通常ゲームにも楽しみがあります。

タイトルの通りに、有名な画家の「ゴッホ」をモチーフにしています。リール枠は絵を描くキャンバスに、周りはアトリエをイメージしたつくりになっていて」、遊戯中はさわやかな音楽が流れます。

シンボル図柄は、「Bonus」「Wild」のスペシャルシンボルが2種類。高配当のシンボル図柄はゴッホの有名な絵がモチーフです。「ひまわり」(3連で100倍、4連で250倍、5連で100倍、以下同様に略して記します。)「アザミの花」(800・200・80)、「リンゴ」(600・150・60)、「オレンジ」(500・125・50)、「洋ナシ」(200・80・40)の5種類。低配当のシンボル図柄は「A」(100・40・20)、「K」(100・40・20)、「Q」(50・20・10)、「J」(50・20・10)の4種類です。合計で11種類のシンボル図柄があります。

「Color Splash Collects」というのがあり、これがいわゆるアイテムです。「紫」「オレンジ」「緑」「青」の絵の具です。これらのアイテムはシンボル図柄の右隅にランダムに乗っています。獲得した絵の具の色によって、ボーナスゲーム時に獲得できる機能が異なります。

「紫」の絵の具はフリースピンの追加機能です。1つで1追加でき、最大で11まで集めることができ、最大で15回のフリースピンを追加させられるようなアイテムです。

「オレンジ」の絵の具はマルチフライヤー機能が獲得できます。最大で6個まで獲得でき、マルチフライヤーの最大倍数は7倍までの獲得ができます。概ね1つで1倍ずつ倍率が上がると考えればいいです。
次に「緑」の絵の具です。これは「Wild」を獲得できます。獲得できた数分の「Wild」がフリースピン中にランダムに出現する機能です。最大で5個まで獲得可能です。この「緑」の絵の具はフリースピン中に高額配当をたたき出す重要なアイテムといえます。

最後に「青」の絵の具です。最大で4個まで獲得できます。「J」「Q」「K」「A」の低額配当の図柄を再スピンさせる機能です。

これらのアイテムをいかに多く獲得して、ボーナスゲームに臨めるかが高配当獲得へのカギになっています。特にマルチフライヤーとワイルドは重要度が高いです。

その他に「Brush Stroke Wilds」という機能があり、1×2、2×1、2×2,3×3のワイルドがランダムに出現する機能です。3×3の「Wild」はめったに出現しませんが出現する位置によっては間違いなく高額配当を導きます。
このように「ボーナスゲーム」の「フリースピン」を獲得するまでの通常ゲームも飽きずに期待感をもって遊べる点はこのビデオスロットの楽しい点と思います。はまってもアイテムがたまっていけば「ボーナス」時の期待度は高くなります。逆にはまらずに「ボーナス」を獲得するとアイテムがほぼないので、高額の配当は期待できないとも言えます。良心的なのか悪意に満ちているのか判断に迷いますが、ボーナスの間も楽しめるのはよい点に思います。

さて、実際に遊戯をしてみて「Color Splash Collects」の絵の具の出現率は100ゲームで5個から8個といった感じでした。色別にみてみると「紫」「オレンジ」の出現率が高く、「緑」「青」の出現率は低いもののようです。実際の比率は9:9:1:1という感じです。大半は「紫」または「オレンジ」の獲得になるようです。しかし、「青」がたまると確実にボーナスゲームでの高配当に繋がるようです。

もう一つの機能の「Brush Stroke Wilds」ですが、こちらも100ゲームで5回から12回の出現でした。大半は1×2,2×1の「Wild」です。1×2:2×1:2×2:3×3の比率は6:9:3:1の割合になっています。あくまでも私が遊んでいての比率なので実際とは異なると思いますが、2×2は出る場所によって、3×3は確実に高配当に繋がります。実際、3×3で0.1ドル遊戯で15ドルの獲得機会がありました。

さて、最後に「Bonus」ですが私の感覚では250回に1回程度の出現率のように感じています。私の引きが弱いのかも知りませんが、「深い」「重い」といった印象です。アイテムを獲得していないとしょぼい結果で終わる可能性が高いです。最低でも「緑」が一つは必要のようです。実際、一つでもあった場合は、そこそこ配当を得られています。二つの場合は高額配当を得られています。当然ですがマルチフライヤーの「オレンジ」の獲得がマックスだとさらに高配当になるようです。

アイテムをためる楽しみがあり、同時にいきなり現れる「Brush Stroke Wilds」もそこそこ期待できるのではまる感覚は他のビデオスロットよりストレスを感じません。0.1ドルBETで100回の遊戯での最大ロスは、今までのところ3.9ドルです。ですからリスクを感じることなく遊べるの大変良いビデオスロットと思います。

↓Van Goghはベラジョンカジノで↓↑タップすると公式サイトへ↑