ここにサブテキストを入力できます。
ワイルドジャングルカジノ

ワイルドジャングルカジノの評判が悪い3つの原因と理由を解説

ワイルドジャングルカジノの評判は悪い?

ワイルドジャングルカジノには良い評判だけではなく、悪い評判もあります。そりゃそうです。すべての人が満足するサービスなんてものはそうそう無いわけですからね。

というわけで、今回はワイルドジャングルカジノの評判について解説しています。
実際に私がこのオンカジで経験した感想となります。参考になれば幸いです。

1.入出金手段が少ない

現状ワイルドジャングルカジノで使える入金手段は4つ(JBANQ、OptimumWay、ecoPayz、Webanq)で、出金は3つ(JBANQ、ecoPayz、Webanq)です。

↓入金

↓出金


クレジットカード入金は、ワイルドジャングルカジノに直接入金する事が出来ないので、電子ウォレット仮想通貨ウォレットが必要になります。

仮想通貨をはじめとした、様々な出金手段を持つ他のカジノ比較すると、決済用のアカウントを持っていない人は始めにくさがどうしても出るでしょうね。

2.出金申請後、一定の保留時間がある

ワイルドジャングルカジノは昔から、出金申請をすると、大体24時間の待ち時間が発生し、その時間が経過すると出金処理が開始される流れになります。
問題が無ければ、時間経過後の処理はちゃんとしてくれるし早いのですが、必ず保留時間が発生するので勝利金が手元に届くまで待てるか?が重要ですね。

最近は出金が早いカジノも増えてきて、それに慣れてしまうと、遅いと感じるとは思います。
1番気を付けたいのは、待てなくて出金キャンセルをして溶かしてしまう事。
キャンセルをして増えれば良いですが、減らしてしまうと結局ゼロになりがちですし、増やせたとしても、またイチから出金申請→保留時間がスタートしますので、出金完了まで待つことをオススメしますね。

ワイルドジャングルカジノの仕様上仕方のない事ではあるんですが、爆速出勤をうたうオンラインカジノと比べると見劣りする部分ですね。

3.プレイ出来るゲームはプレイテックのみ。

ワイルドジャングルカジノはゲームプロバイダーが現状プレイテックのみの為、他のゲームプロバイダーはプレイ出来ません。
多数プロバイダーを採用しているカジノが増えてきた中、ワイルドジャングルカジノは独自の路線を貫いています。
色々なプロバイダーのゲームがやりたい!という人は、合わないかもしれません。他のカジノで気に入ったゲームがあってもワイルドジャングルカジノにはないってことがあるわけですね。

最後に

いかがでしたでしょうか?今回はワイルドジャングルカジノの悪い部分につてい解説してみました。参考になれば幸いです。