自分がギャンブルには手を出さないと決めた2つの理由【投稿者コラム】

【投稿者コラム】

私はギャンブルが苦手です。小さい頃はゲームセンターなどにあるおもちゃのようなスロットをしていました。とても楽しくて好きだった記憶があります。

また、宝くじなどギャンブルに興味があった時期もありました。
ですが、そんな私がギャンブルには手を出さないと決めた理由は2つあります。

1つ目は自分の性格です。
私は何がなんでも自分が欲しいと思ったものは手に入れたいタイプでした。また好きなことにはとことん突き詰めて周りが見えなくなるような性格でした。

そのため小さい頃からゲームセンターでも散財してました。
限度がわからずやりたいだけやる、まだ小さい頃は親の管理のもとだったのでわからなかったのですが、自分でお金を手に入れた時今思えば引くくらいはまりお金をすごい使ってしまいました。

借金はしなかったのですが好きなものにはお金をかけまくるところがあったのでそれを楽しみにしていたのですが限度を超えていたなと思い、ふと我に返った時に自分が怖くなり、ギャンブルには手を出さないでおこうと思いました。

2つ目はお父さんがギャンブル好きだったことです。
お父さんはギャンブル、特にパチンコが大好きでした。最初の頃はたまに行くくらいで、負けても支障はないくらいでした。ですがどんどんはまっていき、負ける金額が多くなっていきました。元々そこまで、裕福ではなく一般的な家庭でしたのあまりにも負けすぎると苦しいはずですがそれでもやめることなく、パチンコをし続けました。

ですが、お父さんの楽しみでもありますし、お母さんも含めお父さんにキツく言える人はおらず何も言うこともできませんでした。
すると、どんどんはまると負ける金額が多くなっていったのか、家にお金を入れることもしなくなりました。

さすがにそれだと家族が生活できないとお母さんはとても困っていました。そして、離婚という結論に至りました。それは小さい頃の話で聞いたのは私が大きくなってからだったので1つ目に書いた私の性格やギャンブル好きは昔からでお父さんの血を引いているのかな?ととても思います。

ギャンブルには怖い部分がたくさんあるなとお父さんや自分の性格をみて感じたのでギャンブルには手を出さないでおこうと今は強く決めています。
ただ、ギャンブルが悪いというわけでなくきちんと自分をコントロールする力がある人がやるのは楽しみの1つとしてとてもいいものなのかな?と思います。

ギャンブルで大金が入ってきた時はきっと気分も高揚しますし、非日常感を味わえて余計にはまっていくのですが、ギャンブルで勝った時や大金が入ってきた時の感覚に惑わされることなくギャンブルを純粋に楽しめるようになれたらいいなと思います。

1番怖いのはギャンブルに染まりすぎてお金を借りたり、それに付随して犯罪に手を染めたり、きっとそういう人たちが多少なりいるので一般的にギャンブルにいいイメージがないと思います。きちんと自制心をもって自分の身の丈にあった楽しみかたでのギャンブルをみんなができるようになればいいなと思います。